keyboard_arrow_right
東京の墓地事情にも適う永代供養墓

東京の墓地事情にも適う永代供養墓

近年、新たに個別の墓所を持つ意志のない人が増えたことから、東京のみならず首都圏の霊園では、従来の墓所区画のほか、合同の永代供養墓や樹木葬形式の墓所が新設されるようになってきました。墓じまいをした後の改葬先としても、永代供養墓や樹木葬が選ばれやすくなっています。家族葬や火葬のみを行う直葬など、葬儀が簡略化される傾向が強まることに比例して、お墓に対する考え方も大きく変わってきています。
永代供養墓は、複数名の遺骨を個別もしくは合同で一つの墓所に納骨もしくは散骨をして永代に供養する形式をとっていますが、霊園施設によっては完全な永代ではなく、一定の期限を設けての供養という規定になっているなど、施設ごとに概念が違う面があります。墓所の形態も、樹木葬形式での永代供養墓など、多種多様となっています。

都心周辺の墓地に適している永代供養墓

遺族に代わって霊園などの施設管理者側が、あらかじめ交わされた契約によって、納められた遺骨の供養や管理を行うのが永代供養墓です。霊園の敷地が限られている東京都心エリアに比較的多いのが、ロッカー形式の納骨室を持つ霊廟タイプです。主要な駅から徒歩圏内など、アクセスの良さでも人気を集めています。モニュメント形式の場合は、仏像や供養塔などを建立して、その地下に納骨室を設けて、周囲に樹木や花、芝生などを配して樹木葬スタイルでの合祀墓にしているところもあります。
都内でも、郊外のベッドタウンに近い丘陵地などにある広い敷地を持つ樹林霊園などでは、本格的な樹木葬エリアを設け、個別の埋葬区画と共に、合祀形式で納骨や散骨を行い永代供養墓としているケースもあります。都心部でも郊外でも、多様化が進んでいます。

自分が入る墓所を決めておくという傾向

終活ブームの到来で、自分の葬儀や墓地について、事前リサーチのうえ決めておいて、それをエンディングノートに記しておくという人も増えてきました。特に永代供養墓を選択する場合は、新たな形式の墓所だけに、供養の期間や方法など、霊園施設ごとにかなりの違いが出てきています。費用や霊園の立地といった条件とともに、墓所の外観や納骨される形式、供養の方法や期間といった点をよく見定めておく必要があります。
お墓の外観や周辺の環境などは、実際に現地に足を運んで見学することが一番のリサーチになりますので、霊園施設側でも見学会などを開催するようになってきています。永代供養墓や樹木葬など、形式の違いはあっても、東京の墓地事情に適うニュースタイルの埋葬方法として、注目度が高まり続けています。