keyboard_arrow_right
東京で変わりゆく墓地と供養の形式

東京で変わりゆく墓地と供養の形式

慢性的な墓地不足の状態が長い東京では、墓所区画を新たに増やすという方向での解決は現実的ではないことから、新形態の墓所が生まれ、定着し始めています。それが、霊廟ともいわれる納骨堂や合祀形式の永代供養墓、樹木葬といったニュースタイルのお墓です。
このうち、都心部で目立ち始めているのが、建物のなかにロッカー形式の個別の納骨室を備えている納骨堂です。納骨堂スタイルが増加している背景には、通常の墓所区画と比べて新規の設置条件があまり厳しくないこととが挙げられます。ビル形式であれば限られた土地のスペースでも新設可能なことで、主要な駅の周辺にも建てることができ、徒歩でお参りに訪れる高齢者に適した墓所になります。高齢化社会の事情にも沿った形式の新たな墓所の形と言えます。

東京のさまざまな事情に適している墓所

従来タイプの墓所区画を持つ墓地を新設する場合、河川や海からの距離、住宅や店舗等からの距離など、かなり厳しい制限があります。その点、納骨堂形式には厳しい基準がなく、比較的容易に新設することが可能となっています。こういった事情からも、駅の近くにスタイリッシュなビルとして納骨堂が建てられるケースが増えています。
内部にロッカー形式の個別の納骨室があるタイプの納骨堂は、かなり以前から知られてはいましたが、無機質なロッカーが並ぶ内部の雰囲気など、今一つ良いイメージを持たれない面もありました。最近、都心周辺に急増しつつある納骨堂は、スタイリッシュな外観のビルに高級感のあるエントランス、清潔で居心地の良い参拝スペースが設けられています。ICカードやタッチパネル操作で遺骨を個別に呼び出して、間近でお参りすることができるのも人気のポイントです。

東京に住む人の意識の変遷にも適合

新たなスタイルの納骨堂は、都市部に住む人のお墓に対する意識の変遷にもうまく適合しています。これまでの、先祖代々のお墓を子々孫々まで供養し維持管理し続けてていくことが当然という考えは、核家族化の浸透やシングル世帯の増加などによって、急速に薄まってきました。近年では、子どもや孫たちの代までお墓のことで心配をかけたくないなどの理由で、墓じまいの傾向も強まっています。墓じまいした墓所から取り出した遺骨を永代供養墓や樹木葬で改葬するケースも増えていることから、最初のお墓を納骨堂として持つという考え方は、今後都市部でいっそう浸透し、選ばれやすくなっていくと考えられます。こういった事情からも、ニュースタイルの墓地としての納骨堂や永代供養墓、樹木葬のさらなる増加が予想されています。