keyboard_arrow_right
変化の時を迎えている東京の墓地

変化の時を迎えている東京の墓地

江戸時代からの由緒ある墓地も多い東京都心周辺は、電車の車窓からも、墓石が並ぶ風景が随所で眺められるほど、人々の暮らしに馴染むものとなっています。その反面、新たな墓所を求めることが困難になって久しく、応募してもなかなか当選できない公営墓地の高競争率の募集枠などもあって、個人の墓所を持つことにこだわらない風潮が強まっています。
家族葬など、葬儀のコンパクト化や、樹木葬や海洋葬などの散骨による自然葬への関心の高まりとともに、従来のような、個別に墓所区画を購入して墓石を建てて納骨するという形式にこだわらない人も増えてきました。その気運が、都心周辺の納骨堂や永代供養墓、郊外の広大な霊園施設における樹木葬といった、新たな形での永眠の場所を、さらに増やしつつあります。

新設しやすいニュースタイルの墓所

通常の墓所の場合、その設置場所に厳しい制限があることと、法規制の課題をクリアできても、近隣住民との調整などの困難も立ちはだかり、特に都心周辺では広い墓所区画の新設は難しくなっています。寺院や霊園の中には、合祀形式の永代供養墓を新設、個別の墓所と違って、その後の供養と管理を施設側がおこなってくれるということでも、注目されている形式です。
さらに人気が高まっているのが、主要駅の周辺にも建てられるようになっている、新しいタイプの納骨堂です。一見、納骨堂と思えないようなスタイリッシュな外観のビルに、タッチパネルやICカード等で個別に遺骨を呼び出して拝めるなど、最新設備を誇るニュースタイルの供養形式になっています。郊外の古い墓所を墓じまいして、都心部の納骨堂や永代供養墓に改葬する人も増えてきています。

景観の良さが人気の郊外型の墓所

都心部で人気がある納骨堂のほか、郊外エリアで増えつつあるのが、樹木葬区画の新設や増設です。もともと緑の風景に恵まれ、広々とした敷地を持つ東京郊外の霊園では、その面積を生かしてさまざまに趣向を凝らした樹木葬区画を設けています。
樹木の種類へのこだわりだけでなく、バラや桜といった人気の花木を増やし、芝生をきれいに整備して、居心地の良い埋葬地にしています。樹木葬形式での永代供養墓もあり、お参りに訪れる人にも、近隣住民にも親しまれる風景となっています。
昔ながらの墓石が建ち並ぶ歴史ある墓地の風景も大切にされつつ、都心周辺では納骨堂が、郊外の霊園では樹木葬が増えつつあります。この変化の潮流は、東京から首都圏全域の都市部、やがて全国にも波及していくと考えられます。