keyboard_arrow_right
高齢化社会で移り変わる東京の墓地

高齢化社会で移り変わる東京の墓地

東京都心周辺には、桜の名所にもなっている広大な霊園や著名な政治家や作家らが眠る霊園があり、ビルの谷間にひっそりと残る小さな墓所区画もあります。いずれにしても古くからある墓所で、都心エリアで新たなお墓を持つのは難しい状態となっています。公営墓地のわずかな募集区画に応募が殺到する一方で、今後、個人のお墓を持たないという考え方も浸透しつつあります。
高齢化社会となり、郊外にある先祖代々のお墓参りが大変になってきた人々が墓じまいをして、居住エリアからアクセスの良い場所に新設された永代供養墓に改葬するというケースも目立ち始めています。オフィスビルやマンションが建ち並び、新たな墓所区画を設けることが困難な都心部にある寺院や霊園でも、そんなニーズに応えるようにして、新たな永代供養墓や樹木葬区画を増やしつつあります。

墓じまいと自然葬ブームで変わる傾向

墓じまいは、遠方への墓参が困難になった高齢者だけでなく、子どもの居ない世帯や、子孫の代まで墓所の維持管理を託すのを避けるために、近年、実行する人が増えつつあります。墓じまいは、墓所から取り出した遺骨の改葬先が決まっていないと、自治体からの許可が得られないため、その改葬先としても、都内各所に新設されつつある永代供養墓や樹木葬に注目が集まっています。
樹木葬の場合、樹木の根元に納骨という形式のほか、パウダー状にした遺骨を散骨するという形式があり、古い遺骨は土に還すということで、選ばれやすい改葬方法となっています。このほか海への散骨など、生命を終えた後は大自然に回帰したいという自然葬全般への人気の高まりとともに、墓じまいや永代供養墓への関心も、ますます高まっています。

東京で目立ち始めている新たな墓地

墓地というと、寺院の一角に墓石が並んでいる風景を連想しがちですが、都心周辺で新たに増えているのは、一見、小さめのマンションのような外観を持つビル形式の合同墓所です。主要駅から徒歩で数分というアクセスの良さを誇るところもあります。
建物の内部にはロッカー形式の納骨室が設けられ、お参りに来た人がICカードやタッチパネルの操作で、遺骨を個別に呼び出せる仕組みになっています。スタイリッシュな外観やエントランスを持つ霊廟もあり、都心周辺の風景にも馴染む新たな墓所となっています。
郊外にある広い敷地を持つ公園型の霊園では、花や芝生で整備した景観の良い樹木葬スタイルの永代供養墓が設けられ、個別の樹木葬区画とともに人気を集めています。従来のように個別に墓所区画を購入して墓石を建てるより費用がかからないこともあって、今後さらに人気が高まる傾向にあると言えます。