keyboard_arrow_right
東京の墓地に見られる新たな潮流

東京の墓地に見られる新たな潮流

都心エリアにも古い墓地が散見される東京ですが、新たな墓所区画を求めることは難しくなっています。都営霊園の募集に応募が殺到し、なかなか当選できないといったケースも多く、昨今では、都心周辺では個人のお墓を持たず、合祀形式の永代供養墓などを選ぶ人が増えてきました。
永代供養墓の外観や供養方法は寺院や霊園施設などによってさまざまですが、敷地が限られる都心部では、合祀形式であっても、野外の墓所としては新設しにくい面がありますので、屋内型の永代供養墓も登場しています。郊外の広大な敷地を持つ霊園では、樹木葬形式での美観にこだわった永代供養墓も増えており、アクセスの良い都心部を選ぶのか、郊外を選ぶのかで、個別・合祀ともに新たな墓所の形態も、二極化してきていると言えます。

都心部でのアクセスの良さを誇る納骨堂

新たな形式の墓地として東京で目立ってきている永代供養墓、納骨堂、樹木葬などは、新設されるエリアによって明確な違いが出て来ています。屋外タイプの永代供養墓は、都心部に昔からある寺院の墓所区画などに新設されていますが、仏像や供養塔などの下に個別もしくは合同の納骨室が設けられた比較的コンパクトな形態となっています。
屋内型の納骨堂は、寺院や霊園の敷地ではなく、主要駅の近くなどにビル型の霊廟を設け、その中にロッカー形式の納骨室を設置しています。タッチパネルやICカードの操作で個別の納骨室を呼び出してお参りができることから、合祀の永代供養墓よりは、墓石の形はないものの、個別の墓所と近い感覚となっています。季節や天候を気にしなくて済むことと、駅から徒歩圏内ということで、マイカーでないと行き来が困難な郊外の霊園よりもお参りがしやすく、都心周辺に住む高齢者からも熱い注目を集めています。

郊外の和みの空間でお参りができる樹木葬

都心部のアクセスが良く便利な納骨堂タイプが選ばれる一方で、郊外のベッドタウン周辺にある、緑豊かな和みの空間を持つ霊園に設けられている樹木葬区画も人気を集めています。都心からや行き来にやや時間がかかるものの、広々とした敷地を生かしてゆとりあるバリアフリー設計となっており、樹木や花の種類、芝生の配置にもこだわったガーデニングスタイルの墓所区画が設けられています。
外観の面では、霊園施設ごとに多種多様となっており、バラ園のようになっているところや、もともと桜の名所になっていたエリアに美観にこだわった永代供養墓が設けられるなど、工夫が凝らされています。終活ブームの影響で、事前に見学をして決めておく人も増え始めていることで、各霊園施設も、見学会を多く設けるようになっています。

霊園・墓地はもちのき霊園・緑山霊園・光明浄苑・町田小野路霊園・恩田の杜霊園・本法寺墓地・菊名墓地があります。 鳳友産業グループの霊園、墓地、永代供養墓、葬儀、ペット霊園、鳳友ともの会のご案内。 霊園の開発から携わり、墓石の販売、その後の管理まで一元的にサポートしています。 霊園から葬儀まで一つの窓口で承ります。 「鳳友ともの会」では、会員様に向けて葬儀に事前相談などを無料で承っています。東京の墓地のことなら鳳友産業グループへ